個性とは短所でありアクの強さ

はい、どうも。


それっぽいタイトルを付けてみました。


そんなわけで、昨年Uさんから頂いた

マグナムクラフトのスネークヘッドか

アマゾンスペシャルのB品のブランクの

自作ジギングロッドの創作に着手することに。


イメージは、こんな感じ。


安くて軽くてジグ150g~を軽快に使えるジギングロッド。


見た目は今風でない感じ。


で、長さとガイドセッティングは、おおよその検討はしていたので


年明けにガイドやらパーツを発注したり買いに行ったり





今回でリビルド含めて6本目なので、

ガイドの仮止めまで、パパっと終了。


今回はウエダの竿を意識した見た目と

時間があったのでセパレートにチャレンジ




うん、そんなに悪くない。

でも、せっかくの自作なのに個性がないよね。

個性ってやっぱり大事。

個性って何じゃコリャ?ってぐらいで個性的と思う。

で、色々考え個性ではなくセンスの悪さが爆発。



商品開発で大事なのは、名は体を表す!



ブランクはスネークヘッドかアマゾンスペシャル


なんかスネークっぽいアマゾンっぽい感じがイイんじゃね??




あ、スネークなアマゾンな素材発見!!






合皮ではなく、本皮です。



ちょっと色が白いけど、まぁコーティングしたら

暗くなるでしょ~とか想像しながら貼り付け開始。


で、Uさんからロッドをクルクルしたり


タンドリーチキンやバームクーヘンをクルクルしたり


なんでもクルクルするのに便利なクルクルマシーンを借りて、


初のエポキシコートに挑戦。


スレッドコートに始めてエポキシをしたけど、


硬化不良なく蛇皮もイイ感じの色に。



セパレートもイイ感じ。







余った皮でフロントにも貼り付け







明るくして目立つ程度なので、パッと見はカーボンメッシュな感じ。



あと、皮のみの時より生命感がある気がしますが気のせいです。


ということで最終的なスペックとコストは・・・



レングス 6フィート1インチ

ウエイト 175g

トップ8のチタンから

8→10→12→16→20→30

ブランクス代0円

トップからベリーの16までチタンのシングルフットが合計3000円ぐらい


バットのMNSG20と30は、かなり前に頂いたやつなので0円


あとはアルミパーツやら蛇皮やら消耗品で5000円ぐらい


トータル8~9000円。


Uさん、もあいさんありがとうございました!!


次回は、だいぶ前に買った1040のB品ディップを小径ガイドで11ガイドで制作。


それにしても富士はHVSGを再販してくれんかな~
にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト