そうだ。オフショアに行こう!

社会人をしていると年に数回は、こんな人に出会う。



それは、日本語は通じるのに話が通じない人間だ。



私自身、説明が上手なほうでないので偉そうに言えないが



この人種は本当に難儀だ。



しかも、こういう人達の多くが短気な気がする。



電話はもちろんだが、メールをしてもまともな遣り取りが出来たことがない。



あまりに状況が進まないので、メールをバカ丁寧に



気を利かして分かりやすいように、件名に○○○と×××と書き



文面には、表題の件○○○と×××の2点についてメールします。



(1)○○○
内容

(2)×××
内容


上記、二点について回答及び返信ください。



とメールをしたら、バカにしているのかと怒り出す。



もう少し簡素なメールにすると、2つの回答を返信してくれるはずが



1つしか回答がない始末。



私はどうしたら良いのだろう・・・





悩み抜いた挙げ句、解決策は1つ!





そうだ!オフショアに行こう!!!




で、一人で日本海でオフショアキャスティング&ジギング~とか思っていたら、



あれよあれよと人が増えて、せっかくならと更に参加者を募ってチャーター船に。



場所も変わって和歌山に。



お世話になった船はモンスターラッシュさん


で、船長にキャスティングとジギング主体のお土産でタイラバと伝え7時に出船。



ちょっと走って30~40mラインでジギング開始。



イワシがびっしりとのことで期待するが、船中何も起こらず。



そこからジギングをしたりナブラを探しながら南下。



調子に乗ってミヨシに立ってシャクっていたら、前方で鰹ナブラ発見。




急いで回収して、MMジグ60gを遠投。



何とかナブラの少し右奥。リトリーブして掠めることが出来る位置に着水。



高速リトリーブを開始すると、横から何匹がバイトしてくれるが食いきらず。



すると鰹がジグ後方から背中を出しながら、凄いスピードで猛ダッシュ。



一瞬でジグに追いついて、バクっと!!!



してくれたけど、後ろからチェイスしてきてリーリングスピードより鰹のほうが速いので



ジグが大きかったのか呑ましきれず、掛かりが浅かったのか合わせがあさかったのかで即フックアウト。



船長曰く、4~5kgの本カツオだそうな。



で、そこから船中沈黙状態。



魚探にはベイトも獲物も映るけど何も起こらず。



場所移動がてらのトローリングでフリッツに65cmのサゴシ2ゲット。



中紀まで走って頂くが、ベイトはいるのに何も無し。



しばらくして、鮫が泳いでいたので、それは釣れないよね~ってことで



船長の粋な計らいで、徳島近くまでぶっ飛ばして頂くことに。




が、結構荒れてきたので4流し程度で帰港することに。




とかいう流れかと思いきや、またまた船長の粋な計らいで残業して頂けることに。



日も暮れかかり、鯛・甘鯛・青物・エソポイントでタイラバ。



すると、やっとアタリが!!



巻き上げると、あの子と確信出来る感じが。



うん。エソだね。



タイラバを早巻きからの途中ストップでゴチンだぜ!



エソパターンさえ分かれば、こっちのもんだね。



そこから3エソ追加して、4エソ目とか思ったらペラウオGETの納竿。



久しぶりに7時から19時まで遊び倒しました。



ベイトもターゲットも魚探に映っているのに、腕がないので



私は釣果がイマイチでしたが、何とか釣って帰って欲しい!の



船長の期待に応えることが出来ず残念。



また今後リベンジしたいと思います。



同行して頂いたUさん・(い)さん・Aさん・後輩君、お疲れ様でした~



ちなみに65cm程度のサゴシは抱卵しており激ウマでした。



やっぱりタタキに限るね~



にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト