スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトショアジギング講座 入門編 PE×リーダー×結束

はい、どうも!
連投なので、入門講座が好評か不評か分からない荒天です。


前回はライトショアジギング講座 入門編 ロッド・リール編でしたが、
今回はPE・リーダー・結束についてです。


まず、リールに巻くPEラインですが、基本的にPE1号~1.5号を使用します。

オススメラインはジグマン×4の1号にリーダーはフロロでもナイロンでもお好みですが、
ルアー用ではなくエサコーナーの糸で6号ぐらいを買いましょう!そちらのほうが安いです。

※リーダーについて訂正させて頂きます。
  考え方次第ですが、PE1号だとリーダーは3号or4号です。
  もしくは、同じポンド数に合わせることをオススメします・・・要ドラグ設定アリですが。



あと・・・
ナイロンを買うときは、強度が強そうなヤツ
フロロを買うときは、しなやかなヤツ


これを店員に聞いて買うことをオススメします。


理由は、やはりルアー用のリーダーほど編み込みの時食い込まないようです。

私はFCスナイパーの25LBを使用してます。




さて、ここからが一つ目の課題。
PEとリーダーの結束方法です。


まず、→シーガーのページにイッパイ結束方法が乗っていますが、
サゴシ程度だとトリプルエイトノットでも十分です。(結束部分がトップガイドから出てキャストしている時のみ)

でも、出来ればトリプルエイトノットは現地での応急処置ぐらいにしといて
FGノットもしくはPRノットをマスターしましょう!


難しそうですが、超簡単!FGノットは堀田式FGノットがオススメ
堀田式FGノットの動画先

FG.jpg

こんな感じに出来ます。




しか~し、さらに簡単な結束方法を発見!それがPRノット

PR.png

結束部分がメチャクチャ小さいです。


しかし、やっかいなのが↓の画像のようにボビンホルダーを使うってこと・・・
PR_bobin.png


このボビンが結構高い&自作も面倒!


そんなアナタに朗報なボビン要らずを紹介。

今回のブログはライトショアジギング講座ですので、30~45gメタルジグを買うと思います。
これをボビン代わりにします。



PEをメタルジグに結び結構な速さでクルクルクル~と往復!
重いものほど速い回転を起こすとGが起こるっていうヤツを利用です。




あとはググったPRノットのやり方です。



PRノットのやり方を覚えたらFGは面倒になりますよ~


スポンサーサイト

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

PEライン2号と1.5号では飛距離はかなり変わるでしょうか。
ちなみに先生は、ジグをキャストするとどれ位飛びますか?
昨年は120mほど沖のナブラに届かず、泣きをみた事があります。^_^;
飛距離って大事やなぁ~と。
[ 2011/06/22 14:11 ] [ 編集 ]

たかっしゅさん

まいどです!
ん~PE2号と1.5号でライトショアしたことないんで分かりませんが、
最初、1.5号→1号に落とした時は少し伸びたように記憶してます。

まぁ、何より2号から1.5号だと価格が変わっちゃいますね~
PEは1.5号から高くなりますから・・・

ちなみに私は・・・PE1号・リーダーフロロ25LBでムーチョルチア35gで、トップガイドからPEとリーダーの結束部分を出した状態で、タラシをリールくらい、海面かたの高さ3m~5mで無風に近い状態でフルキャスト→着水ちょい前にサミング→着水後リールを即巻きして(すぐにルアーの重みがありますので、糸フケはかなり少ないと思います)伝わった時から10mごとに色が変わるPEで数えたところ、だいたい80m。

ってことは、実際70mだと思ってます。

今まで他のジギンガーさんを見てても、私より飛んでいる人って、そんなにいなかったですし、
いても数m程度遠く飛んでいるだけでした(その人はゼナックとか使っている本格派でした)

よく100m余裕っていうの見ますけど、ホンマかよ?糸フケとか着底まで入れてない?って思いますが、
自分でいうのもなんですが、私は投げ方悪い方だと思います。
もしかしたら、ちゃんと投げれたら飛ぶのかな~と思いますが、全力で投げるの怖いです><

たかっしゅさん、どれくらい飛びます??
[ 2011/06/22 15:53 ] [ 編集 ]

めっちゃ細かいご説明ありがとうございます!!
私はPE2号、リーダーフロロ30lb、40gスラッガージグ、垂らし1~1.5m(結束はガイド外)、無風で普通にキャストして着水点までが75m。
気合と足踏み入れてキャストして着水点がMAX85mくらいでしょうか。

ジグを60gにすると、5mほど伸びる程度です。
ジグが重いほど、うまくキャストできなくなる事がしばしば・・・。

風にのせて100mが最高ですね。
わたしも100m余裕というのをよく耳にするので、
残すはPEラインの号数を落とすしかないなぁ~と思ってたのですが、こればっかりはやってみないとわからないですね。^_^;
[ 2011/06/22 20:05 ] [ 編集 ]

たかっしゅさん

それだったら1.5号にしたら、もう少し飛距離伸びるかもしれないですね~

さっき投げ釣りのサイト見てたんですが、私何も考えずに投げてましたよ(+_+)

色々研究して次回に活かして頑張ります!
[ 2011/06/22 22:30 ] [ 編集 ]

自分は使うリーダーの太さはある程度選ぶものの、簡単ながら他の摩擦系ノット以上の結束強度を示す、『NEW Jノット』をオススメします
〆にハーフヒッチを施せば、更に強度倍増
因みに6号相当までの太さのショックリーダーなら問題なく使えます
[ 2011/06/23 15:24 ] [ 編集 ]

ばんぱくさん

NEW Jノット、ググってみましたが、初めて見ました!
良さそうなんですが、リーダーを折り返すのが私はちょっと嫌かな~
でも、簡単+失敗が少ないそうですし、現地でノットを組み込む時に使ってみます!
だんだんトリプルエイトノットを使う機会が無くなってきたw
[ 2011/06/23 16:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jigudama.blog62.fc2.com/tb.php/138-cf77b8f7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。