荒ぶる工房 ベイトで青物の道 折れ竿を再利用

はい、どうも。
そんな訳で今回も 荒ぶる工房 ロングベイトロッド作成編の早い話が自分メモ。


前回に振り出しのTD-1304のガイドを全部外して、4本の継ぎ方を考えた結果・・・

1と2を並継ぎ。
2と3を印籠(パイプがあったからこれは問題ナッシング)
3と4振り出し


と考えたが、1のケツを削り逆テーパーに加工し2にブッ刺すとしようとしたが、
よく考えたら2は頭から拡がっていくので、曲げた時の強度が不安になり、1と2も印籠に変更。


1のケツが4.15mmで2の頭が5.65mm。


2の頭側はスレッド巻いて調整→エポキシなので問題ないが、1のケツがね~
4.5mmの印籠芯を買って、摺り合わせ加工も考えたが本格すぎ


荒ぶる工房では、本格的なんて言葉はいりません。



ということで、社長専用倉庫から折れ竿コレクション拝借。



で、いっぱいある折れ竿を1のア○ルにブッ刺していき、途中で止まるやつを探すと・・・
ラッキーなことに1本発見!


ついでに、振り出し予定の3と4を印籠にしたくなった時ように入るやつも探し、
これまた1本だけ発見のラッキーマン。




(テープ止めのやつが2のチ○コ予定。上が4のチ○コ予定)



折れ竿を印籠芯にすると強度が不安なので、折れ竿に入るステンレスの棒を買って
隙間をパテで埋めて芯代わりに。



これで折れ竿がテーパーのある中身の詰まった硬い棒に早変わりして強度も出ると思うのだが・・・
まぁ、折れたら折れたで得るものもあるでしょ~



スポンサーサイト

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

やってますね~
けどあんまり根詰めてやると熱出ますよ(笑)
いい竿ができそうですね!

で、ダイペンはどうなったの?(笑)
[ 2013/02/07 20:52 ] [ 編集 ]

以前TD-S1404T-4RSのテレスコのリアグリップが嫌でグリップとリールシートを改造して磯ヒラのランガンで使っていたことが有ります。

ウネリの時は良かったのですが強風では使い物にならず手放してしまいましたが、満足のいく改造だったため置いておけば良かったと(^_^;)

青物釣るより厳しい戦いになりそうですね~(^_^;)
[ 2013/02/07 22:18 ] [ 編集 ]

>>しんきちさん
ダイペンは・・・飽きました(笑)
うそです!ちゃんと作りますよ~今は重りを何g入れるか計ってます!


>>きんさん
あのシリーズは強風では竿が持って行かれますね~
それより問題はガイドです。スピニングのように角度がないからどこでチョークさせるのか・・・
今はティップガイドって何よ?ベリーガイドって何よ?って感じで悩んでます^^;
[ 2013/02/08 11:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jigudama.blog62.fc2.com/tb.php/266-7c59585f