スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青物ベイト道 ロングベイトロッドのインプレ

はい、どうも。
実は!というほど実は・・・ではないですが、
結構、耳が遠い荒ぶる天パです。



釣り場で話しかけられても聞き取れない!とか、全く聞こえてない!とかで
結構な頻度で気付かず無視をしたりテキトーに愛想笑いをしています。



聞き取れないなら聞き直せよ!って感じですが、
言い直してももらっても、それすら聞き取れないので・・・



話しかけてリアクションが薄かったら、あ~コイツ聞こえてないな!って思ってください。



ということで、到着して数回使ったロングベイトのインプレ


※一部訂正・追記しました
また、計測数値は素人計測の大凡と考えてください






ライト&マクギル マグナムプラグ 2ピース
長さ:10.6ft(グリップ延長すると約11フィート1インチに改造)
ルアーウエイト:1~3oz
ライン:20LB~50LB
パワー:ヘビー
テーパー:モデレート
自重:ティップ側#1は34g。バット側#2は241g
ガイド数:12個
フロントグリップ:11.5cm
リアグリップ:34cm
価格・・・送料込みで一万ちょい(今は値上がりして1万5千円です)


延長グリップのみのスペック
全長:30cm(印籠部分は強度を持たすため13.2cm、グリップとしての長さ:16.8cm)
自重:109g
(持ち重りがなくなりますので、この重さはそんなに気にされる必要はないと思います。)



特徴:
S-カーブとかいう謎の素材。
グリップ35cmという竿ごとキャストしそうなグリップ長
デカイグリップがアメリカ人仕様
フロントグリップがミュートスっぽい。
全部まとめて「Wow!!American」って感じ




Sカーブの追記です。


引用1:
ライト&マクギル社のコンポジット・カーボン「S-カーブテクノロジー」を採用したベイトロッドです。
複数の層をナノレジンで結合しています。
ガイドにはPEラインも使用可能なジルコニウムリングを採用。S-Curveブランク構造により、
繊細かつ高いリフティングパワーを兼ね備えつつ軽量なブランクスを実現しています。


引用2:
ブランクスのコアとなる部分は「高弾性カーボングラファイト」を採用してるんだけど、
「3つの素材」を上手く融合させることに成功したんだ。

「高弾性カーボングラファイト」の周りに、「PBOファイバー」と、みんなが驚くかもしれないけど
ナント!「Tグラス」を巻きつけたんだよね!

とにかく強いロッドに仕上がったよ! 硬いじゃなくて、「強い」って意味がわかってほしいね!

最後になったが、冒頭の「スキート・リース」氏のメッセージを日本語訳しておこう。

値段が安いからって、ナメてもらっちゃあ困るぜ!
今回リリースしたニューロッドはとにかくグレイトだぜ!(笑)

考えてもみなよ。安くて悪い出来のロッドを使ったりしたら、
自らのキャリアを傷つけることになるだろ?! 俺はそんなことはしない!

だからもう一度言わせてもらうよ! 俺が使っていいんだからさ、
みんなにとっても凄いロッドだと思ってるんだよ!

いままでよりももっと多くの魚が釣れますように!





では、インプレスタート(全てPE4号使用)


家に届き竿を持った感じ・・・とても3ozは投げられそうにないくらい
ベロンベロン

モデレートだから?グラスチックだから??とかベロンベロンなのかもですが、
正直、失敗したかな~と思ってました。


で、使った感じ・・・


重たい順に、1ozのフィードポッパー、ドラドポッパー、オシペン(HS)、ミニローデッド、
ブリット、オーバーゼア13cm、デカローデッドと1ozから95gまで投げましたが、特に問題ナシです。

※マールアミーゴ24g、IP-26、ジグ30g40gも使用しましたので追記します


ルアーごとに、どんな感じだったかと言いますと・・・



1ozぐらいのバイブレーション・・・
昔バスをやっていた感覚でいけました。コレ系は実に楽しいです。




ジグ30g40g・・・
ジグミノーの変わりにアフターバーナーでやってみましたが、
ただ巻き系、軽めのアクションは問題ないように思いました。

しかしロングジャークはジグと人によってはキツイかな??って印象もあります。

まぁ、ジグミノーとしてなら良さそうですね!




フィードポッパー(1oz)・・・
キャストはもう少し重くても良さそう。操作は良好。


ドラドポッパー・・・
シンクロレベルワインドの効果もあってか、飛行姿勢が良くスピニングよりも飛びます。
ただ、テキトーに投げるとバックラしやすいです。


オシペン(ヘビーシンキング)ミニローデッド、ブリット、オーバーゼア13cm・・・
40gオーバーから投げ&使いやすく操作、キャストともに良好。
使ってて一番楽しいサイズですが、シンキング系でバックラするとキツイです。
一瞬でバックラを直す練習をしましょう。


デカローデッド・・・
問題なくキャスト出来ますし、竿が曲がってくれる分、少ない力で飛びますな~
操作性は、このサイズが限界です。
ダイブ後、ひっぱってくる時に竿が負けている感じがありますが、
リトリーブも併用したら、大丈夫な感じです。
デカドラスラならまだマシなのかな・・・


以上、こんな感じです。




投げてませんが、ラッパとかのウルトラ派手系ポップ音のポッパーには竿負けして厳しそう。


デカフィードとかなら使い易そうですし、フィードはガボガボ系でなく
ポコポコ系なので竿負け気にせずイケルと思います。


40~60gが使いやすく、ブリットペンシルはマジで使いやすかったです。


飛距離は、シンクロレベルワインドの効果もあってか飛行姿勢が安定して
まだ練習中ながらスピニングの-15%~+10%な感じですが、
ルアーを選ぶという感じもあります。



飛行姿勢が安定しないルアー、特にポッパーはバックラ率が高くなりそうなので
チョットだけキャスコしめるとか神経質に投げる必要ありかと・・・



慣れるまでペンシル系を使うほうが良さそうですね^^



ついで言いますと・・・この前、人混み堤防で使いましたが、チョット恥ずかしいしね。
あと、みんなと釣りのテンポが違うので、キャストのタイミングがあわず
一度お隣さんとクロスさせたり、、、



リールにもよりそうだけど、投げ方はスピニングと同じ感じでやるとバックラで死ねますね。



まぁ、何だかんだ書きましたが、全体的にサーフや沖堤防とかの
根が厳しくないところで遊ぶにはアリな竿だと思います。



あと、ハマチとかなら全然余裕+しっかり曲がるので楽しそうでバレにくそうですね。
(わざわざ書く必要もないですが、もちろん釣ってないので想像です。)





ここから「Wow!!American」な部分です。


まずは、トップガイド



フレームうすっ!!

日本のメーカーでは考えられないくらいフレームが薄いです。

ちょっと見にくいですが、↓もトップガイド



これ系の竿につくガイドってMNSTですが、独特な形をしています。

Fガイドに近いと言えば近いですが・・・

個人的にはトップガイドに絡まったことがないので、別にこれでも良いです。



で、次がスレッド巻きとブランクスの色とガイド。



まず、見ての通り日本のメーカーでは考えられないくらい雑なスレッド巻き。

恐らく、エポキシで強度&固定で、スレッドはガイドをエポキシ硬化まで付けてるもの!
って考えなのでしょうか??

ブランクスの色も独特すぎです。

あと、このガイドはバットガイドですがLNとMNの間の太さのガイドっぽいです。

日本のロッドは今KWやK、MNといった具合にハードなのをつける傾向ですが、
そこはメリケン仕様。ガイドは糸が通る物といった考えなのでしょう。

まぁ、個人的にバットだけMNガイドで他はLNで良いと思ってます。

そこは個人の考え方なので・・・




で、次はフロントグリップ。



ミュートスのような三角形。
あとは、最後にフックキーパーがついている、お節介設計。




そして、リアグリップです。



これが、キャスト時の手元部分が膨らんでいるという謎の設計。

これとグリップ長が35cmと相まって、投げる時に竿ごといってしまいそう。

アチラの人はグリップを握る手もグリップもグリップっぽいのもデカイようです。




で、最後に延長さしたら↓な感じ。



これで、リール中心下部からエンドキャップまで約56.5cmぐらい。

今までのTDSで55~57cm一番投げやすい長さだったので、、、


ミュートスのベイトモデルが59.5cmだったはずだから、それよりチョット短くした感じです。


まぁ、この価格で12個のガイドですし、アリなロッドでしょう。
スポンサーサイト

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

天パさんくらいの体格の持ち主なら、アメリカン仕様のゴツいブツながら充分振り回せるロッドのようですね
結構ベロンベロンとのことですが、100%グラス素材なのですか?それともグラスコンポジット?グラスは大物をかけた時に威力を発揮してくれそうな気がしますね
あの粘り強さはカーボンの比ではないですから(その分ダルいロッドになりがちですが…)

うちにある9フィートベイトロッドと投げ比べてみたい気がします
[ 2013/05/14 06:50 ] [ 編集 ]

借りて遊ぶに最高のおもちゃです(#^.^#)マジで楽しい!
自分で運搬するのはチョット…(´Д`)=3
でも、「気分転換」と「なぜか?キャストが止められない」良いもんですよね(´ー`)

地元朝練用に、揃えよっかな?パチンコ勝ったらね(。-∀-)♪地元は、釣れてもハマチ小までやし!
[ 2013/05/14 07:19 ] [ 編集 ]

>>ばんぱくさん
この手のタックルにしては、結構軽いのと力を入れてキャストしなくて良いのでで十分一日中振り回せますよ~
素材はコンポジットのようです。引用したのを記事に追記しました。


>>かもめさん
使って楽しいロッドですね!
青物ベイト道を止めようと思ってましたが、使うとやめられない止まらないです。
通称、かっぱえびせんロッドです。
[ 2013/05/14 09:42 ] [ 編集 ]

近場の青物用には良さそうじゃないですか!!
ブランクが気に入ったならパーツを取り払い、一から組み直すのも手かと!

で、あれはスピニング用に♪
[ 2013/05/14 15:28 ] [ 編集 ]

きんさん

大阪湾で遊ぶにはピッタリな感じですが、惜しいんですよね~
もうすこしシャキっとしてたらジグもブン投げれて良いのですが、
今の感じだとフルキャストしたら竿の反発で初期バックラしそうです。

僕も組み直しを考えたのですが、硬く張りを持たせられたら良いのですが・・・
カーボンシートとか焼き付けることって出来ないんですかね??

アレは2本オーダーしてるのでスピニング用で作りたいですね~
たぶん、ベイト用とか要らなくなりそうです(笑)
[ 2013/05/14 17:51 ] [ 編集 ]

和訳軽っ 笑

ガチロッドはぜんぜんわからへんのですけど、
それはそれで結構カッコいい竿やな~とか思うんですけど(^^)
にしても使ってる荒天さんが一番カッコいいですって♪
[ 2013/05/15 23:44 ] [ 編集 ]

ムーチョさん

某サイトから引用しましたが、同じく軽っ!って突っ込んでしまいました(笑)
この釣りは99,9%がスピニングなので好奇な目で見られますよ~
でも、何故かベイトのほうが釣ってて楽しいです!!
釣れたらもっと楽しいんですが・・・
[ 2013/05/16 09:22 ] [ 編集 ]

オシャレなブランクスですね。
カビみたいでステキです。
スレッドを等間隔で隙間をあけて巻くぐらいなら
詰めて巻いた方が楽そうなのですが・・・
メリケンのこだわりは良く分かりませんね。
[ 2013/05/19 00:43 ] [ 編集 ]

オニマヨ・サーモンさん

ほんとオシャレすぎです。
人とは違う!という人には良いのでしょうが、普通でイイ僕には苦痛です。
[ 2013/05/20 09:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jigudama.blog62.fc2.com/tb.php/284-e1f32f35











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。