ベイトショアジギングリール ダイワz編

はい、どうも。


寒くて釣りに行く気が起きないのでタックルネタです。


まぁ、タイトルの通りでございます。


ライトショアジギングのベイトリール編です。


昨年メインで使用したダイワz

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪'16年11月新商品!≫ ダイワ Z 2020 ブラック LTD 2020 SHL
価格:53557円(税込、送料別) (2017/1/22時点)



使っているのは2020SHです。



では、ザックリとしたインプレです。



ジグマン8の2.5号が200mピッタリ入ります。


これはショア時として。


あと、ジグマン4の1.5号が300m入るので、

これはオフショアのライトジギングで。



剛性はかけた魚が50ぐらいのハマチとシオのみ


なので参考にならないかもしれませんが、まだ余裕がある感じ。


ドラグ5.5キロは控え表示??


ギア比と巻き取り量から掛けたらゴリ巻きがキツそうなイメージでしたが、


余裕です。


ただ、ロープロなのに少しホールドしにくいかな??



お次はキャスト的な飛距離的なこと。


基本キャスコンはスプールがカタカタならないようにして1クリック絞めてます。


あとは全部マグで調整。


ダイワzはマグがチョー優秀



基本ダイヤルは2~4


ジグもプラグも基本LCモード。


向かい風ならALモード。


ALモードで不安ならMBモード。



ダイヤルをイチイチ調整するの面倒くせ~と思われがちだけど


リーリングしながら親指で調整できるのもグッド!!


飛距離も問題なし。ちゃんと釣りが成立します。


プラグだとスピニングよりも飛ぶ時も。


他に良いところは、レベルワインドの形状とその距離


ナイス形状なので、リーダーの巻き込み問題なし。


そしてレベルワインドとスプールの距離がありバックラッシュしても、引っかかった場所が見やすく解きやすいです。



まぁあまりバックラッシュしませんが・・・



それでもカルコン300とは雲泥の差です。



では、ダイワzの悪いとこは・・・


あまり無いです。

難癖つけるならデザインとか値段とか??



でも、そんな難癖が吹っ飛ぶリール。



たぶん、ちょっと練習したら誰でもベイトショアジギングができます。


最後に・・・ていうか、


最初に書けよ!ってことですが、


ベイトリールを使ったショアジギング、ライトショアジギングは、


ルアー プラグもジグも選びます。


重さではなく質量?と飛行姿勢が重要!


っていうか、無視したらバックラッシュの嵐


その内にベイトで使いやすい青物プラグも書きますが、まずはそれをお忘れなく。
スポンサーサイト

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jigudama.blog62.fc2.com/tb.php/375-cfd1f5eb