スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山ジギング

はい、どうも。


まぁタイトル通りなんですが、たぶん先月10日ぐらいに行ったと思います。


一緒に行ったのは銀時さんと従兄弟さん。



まぁ、大変な1日でした。


釣れないし



釣れないし



釣れないし。




あと、釣りに行く前から思っていたことだけど



銀時さんと従兄弟の名字が同じ。



名前を呼べば二人振り向く




なんてことはなかったです。




だって、銀時さんの本名の読み方忘れたから本名で呼んでないし。



今さら聞くに聞けないしね(笑)



それに聞いても覚えられないしね(笑)




とりあえず、名前を思いだそうとしてたら、



気が付いたら納竿の時間。



アタリ二回だけのボウズです。



次回は日本海オフショアだべ!

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

オフショアとショアジギにカルカッタコンクエスト300

はい、どうも。


釣りネタもないので、昨年導入したカルカッタコンクエストのインプレ。






オシアコンクエストじゃなしにカルコン?



って思われるかもしれませんが、カルコンです。


岸から投げるし、ギア比もカルコンのほうが魅力的



あと、オシコンのレベルワインダー連動をあまり意味ないかな?と思っているので。


で、キャスト的なインプレ


まだまだSVSインフィニティの設定は模索中ですが


キャスコンがゼロ設定のSVS3つ。


これだとプラグはインフィニティはmax


ジグ系は重さによりけりですが、真ん中からminiが安定してキャスト可能。



でも、安定してるけど伸びがイマイチ。


そんなこんなでSVS1個オンでキャスコンで調整すると



スプール超高回転のぶっ飛びのロッドが水しぶきでビッチャビチャ。


決まれば100m飛びます。


しかし、チョット間違えばバックラッシュ。


真剣すり減ります。


SVS1個でキャスコンも閉めて、ルアーが本当にゆっくり落ちるぐらいにすると


テキトーなサミングでぶっ飛びますが、


ジグのフォールはラインを自分で引っ張り出さないとダメなので面倒この上なし。



誰か良い設定があれば教えてください。



で、今分かってことは・・・



取り説に記載のインフィニティのパイプに注油はバックラッシュ祭りになります。


使わない時は注油して、釣行前日にティッシュで拭きましょう


あと、オイルはios01などの低粘度オイルは釣行4時間程度でオイル切れに。


オイルはios02


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス IOS-02
価格:1555円(税込、送料別) (2017/3/24時点)





または銀の雫プレミアムもオススメ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイティーフュージョン KE016 銀の雫 フ゜レミアム 5ml
価格:1620円(税込、送料別) (2017/3/24時点)






でオフショア的なインプレ。



何よりもリトリーブですね。



すごいです。


何と比べてかは分かりませんがすごいです。


本当に幸せになれます。


で、最後に。


レベルワインダー連動に魅力を感じない件ですが、


確かにドラッグが出れば連動することは意味が大きいと思いますが、


ドラッグが出ている時にハンドル回しても連動しないのよね。


それなのに連動をありがたがる意味がよく分からないのです。


そんなこんなで、カルコン買いです







そんなこんなですが、オフショアメインの人は



カルコン400でも良いと思います





にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

ジギングベイトロッド 自作9本目

はい、どうも。


寒いので釣りに行く気が起きない荒ぶる天パです。


そんなわけで、9本目の自作ロッドは、


オフショアジギングのベイトロッド。


タイラバとインチク、ライトジギングを兼用したい!


スローピッチ用も欲しい!


中深海もやってみたい!!



と、欲しいのいっぱい夢いっぱい。


ついでに地元のパイセンも作って欲しい!とのこと。


で、なんか作る本数が増えて一気に6本をロッドビルド。



出来上がったのがコチラ!!





パイセンのは嫁に行ったあとなので
画像なし。



左から中深海とライト系ハイピッチ用のSSJ200


真ん中はスローピッチ用のSSJ150。


右のがタイラバとインチクとライトジギング兼用のSSJ100。


スレッドコーティングはカシューではなくエポキシです。





結構いい感じ。


エポキシの比率は主剤:硬化剤ともに同量ではないです。


0.2g程度だけ硬化剤を少なくしています。


ちな、フィニッシングモーターが一番安いのはココ。






次回のビルドは、1130のロングベイトロッド編。


ビルドで疑問などありましたら、右のメッセから頂けましたら、


私で良ければご相談に乗ります。
にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

冬のジギングにオススメのブーツ

はい、どうも。


釣りに行けてないので、昨年購入して
こりゃ~イイネ!!


って思った品の紹介。


それは、ウィンターブーツ



一昨年まで冬のジギングの足元は、

ヒートテックの靴下を二重。

貼るカイロ。

釣具屋とかホムセンに売っている防寒長靴。


とか、


ヒートテックの靴下にネオプレーンの靴下。

これに防寒長靴で挑んだりしていました。



が、これでも冷える!


てか、寒い・・・通り越して痛い


足の裏が冷え性の私には地獄!




正直、上のは冬のサーフでギリ装備。


冬の船の上では、地獄!!


高いお金払って地獄を味わうのはどうなの?って思い、買ったアイテムがこちら!



ソレル 1964 パックナイロン





ウインターブーツ?ウィンターブーツ?です!



これ、マジオススメ!!


良いとこ一つ目は、暖かい!!


冬のジギングでも、ヒートテックの靴下1層とブーツだけで暖かいです!

足の裏が冷え性な私でも、貼るカイロがいりませんでした!


さすが、マイナス40℃に耐えると謳うだけはあります。



良いとこ二つ目は、インナーが脱着出来る。


これは、言わずもがなですね。

洗えるのは魅力的ですし、脱着できないブーツは多いです。



良いとこ三つ目は、インナーだけ購入可能。



しかもインナーが安い。






これ重要!!



最後に良いとこ4つ目。


履いたり脱いだりしやすいこと。


ソレルパックナイロンを購入する時に、

キーンのウィンターポートとテバのハイラインなんかも履き比べました。

個人的な感想ですが、一番脱ぎやすく履きやすい。

あと、一番耐久性がある印象でした。


とりあえず、足元はソレル パックナイロンがオススメ!!


ぬくぬくです!



にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

ベイトショアジギングリール ダイワz編

はい、どうも。


寒くて釣りに行く気が起きないのでタックルネタです。


まぁ、タイトルの通りでございます。


ライトショアジギングのベイトリール編です。


昨年メインで使用したダイワz

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪'16年11月新商品!≫ ダイワ Z 2020 ブラック LTD 2020 SHL
価格:53557円(税込、送料別) (2017/1/22時点)



使っているのは2020SHです。



では、ザックリとしたインプレです。



ジグマン8の2.5号が200mピッタリ入ります。


これはショア時として。


あと、ジグマン4の1.5号が300m入るので、

これはオフショアのライトジギングで。



剛性はかけた魚が50ぐらいのハマチとシオのみ


なので参考にならないかもしれませんが、まだ余裕がある感じ。


ドラグ5.5キロは控え表示??


ギア比と巻き取り量から掛けたらゴリ巻きがキツそうなイメージでしたが、


余裕です。


ただ、ロープロなのに少しホールドしにくいかな??



お次はキャスト的な飛距離的なこと。


基本キャスコンはスプールがカタカタならないようにして1クリック絞めてます。


あとは全部マグで調整。


ダイワzはマグがチョー優秀



基本ダイヤルは2~4


ジグもプラグも基本LCモード。


向かい風ならALモード。


ALモードで不安ならMBモード。



ダイヤルをイチイチ調整するの面倒くせ~と思われがちだけど


リーリングしながら親指で調整できるのもグッド!!


飛距離も問題なし。ちゃんと釣りが成立します。


プラグだとスピニングよりも飛ぶ時も。


他に良いところは、レベルワインドの形状とその距離


ナイス形状なので、リーダーの巻き込み問題なし。


そしてレベルワインドとスプールの距離がありバックラッシュしても、引っかかった場所が見やすく解きやすいです。



まぁあまりバックラッシュしませんが・・・



それでもカルコン300とは雲泥の差です。



では、ダイワzの悪いとこは・・・


あまり無いです。

難癖つけるならデザインとか値段とか??



でも、そんな難癖が吹っ飛ぶリール。



たぶん、ちょっと練習したら誰でもベイトショアジギングができます。


最後に・・・ていうか、


最初に書けよ!ってことですが、


ベイトリールを使ったショアジギング、ライトショアジギングは、


ルアー プラグもジグも選びます。


重さではなく質量?と飛行姿勢が重要!


っていうか、無視したらバックラッシュの嵐


その内にベイトで使いやすい青物プラグも書きますが、まずはそれをお忘れなく。
にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。